マッキンゼーに学ぶ借金返済

みなさんおはようございます!

世界最強と名高いマッキンゼーの新人教育思考から、
借金返済生活を学べました。





ここに2つの情報があります。

・新商品の売れ行きが良い
・新商品の売れ行きが悪い

果たして、この2つの情報はどちらが大切なのでしょうか? 


・・・

・・・・・


答えは、

「このままではわからない」

です。


ここで大切なのは、

「So What?(だから何?)」
「Why So?(それは、なぜ?)」

です。


たとえば、

・売れ行きが良い

→想定より幅広い年代層にヒットしたのが要因
→増産態勢を検討すべき


・売れ行きが悪い

→年輩層に認知度が低い
→年輩層に合ったプロモーションが必要


など。


つまり、

事実をもとに、何をアクションすべきなのか。
そこまで考えてはじめて「情報」と呼べる


ことが大切なんですね。


借金返済生活も、

「借金が300万円あります」

という事実から、


・なぜそうなったのか
・これからどうするのか


などの過去と将来の背景をイメージしながら、
プロの方に相談すれば、

将来明るくなると思います。


実際私はそうやってきて、
ここ3年幸い返済遅延は一度もありません。


常に一流から学び自分に置換する


ことは大切だなと再認識できました。