お金持ちの生活

みなさんおはようございます!

先日富裕層がシンガポールに移住している日記を、
書きました。


今回は富裕層の海外移住に関する、
エイベックス・グループ・ホールディングス社長の松浦勝人さんが、
自身のフェイスブックに書いていた内容です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この国はあえていうなら富裕層に良いことは何もない。
そして貧富の差を問わず、
老後の安心など今のところ何もない。


安部政権になったことで、
民主党政権時代に決まった富裕層への
最高税率の増税はなくなるかと期待したが

阿部内閣支持率向上の狙いのためか
たいした税増収にならないにも関わらず

富裕層への所得増税は決まり
地方税とあわせれば55%という税金
所得にかけられる。


そして、相続税も半端じゃない


うかつに死んだら家族が、
路頭に迷うはめにもなりかねない。

国に頼らず、
自分の事は自分で準備しなければならない
国になってしまった日本。


僕としては、
税金は個人の所得報酬に対して50%という国との、
折半が我慢の限界だった。


所得税が20%代の国はたくさんある。
相続税のない国もある。


こんなことをしていたら、
富裕層はどんどん日本から離れていくだろう。



松浦勝人氏

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

日本のトップクラスの方の考え方です。

実業家もバカではないし、
日本人という心を持っていると思います。


しかし日本の将来に貢献しようと事業をしても、
半分以上国の借金のために持って行かれ、

そのお金すら日本の活性化になると、
期待できていない状況なんですよね。


人や国のせいにしても現状は変わらないので、
まずは状況が変わってもダメージが少ない自分

= 自分の収入構築

が緊急で必要なことだと、
私自身もここ2年くらい感じていました。


⇒ 2年前からやっている副収入



良い意味で、
国や会社は助けてくれないと思っています。


資本主義の日本で幸せになるためには、
周りや環境のせいにしない自分を作ることは、

ひとつとても大切なことだなと実感できました。