お金持ちになる2つの方法

みなさんおはようございます!

『バビロンの大富豪』(ジョージ・S・クレイソン著)には、
「お金持ちになる2つの方法」
が書いてあります。





?自分のために働き、自分のお金をつくる
?自分のお金を働かせて、お金を生ませる

です。


貧乏な主人公がお金持ちの賢者の元へ、
「お金持ちになるひけつ」を聞きに行くと、

お金持ちの賢者がアドバイスをするやりとりがあります。


自分の稼いだ分の一部を自分のものとしなさい」


すると主人公が答えます。

 「稼いだ分はすべて僕のものです」

すると賢者が言います。

「おまえは生活をしていくために、
 食べ物や服を買ったり散髪に行ったりしているだろう。

 食品会社や衣料品店、散髪屋のために働いているのだ。

 だから最初に、
 稼いだお金の1割を自分のためにとっておくのだ」


そして、

自分でコントロールできる収入源をもつこと

の大切さについても書かれています。


サラリーマン = 収入をコントロールできない

= 会社が払わないと言われたらおしまいなので。


⇒ 生活かけずにサラリーマンをやる方法



生活をかけずに、
サラリーマンをすれば精神的にも自由ですよね。


お金は流れ、
景気のよいところに集まります。


世の中の流れに乗って、
人に必要とされて稼げる自分でいたいですね。