アコム
24時間最短1分振込(楽天銀行口座がある方)(公式)アコム

出産費用がない場合

みなさんおはようございます!

私が出産費用がない場合、これをやります。


(体験談) 翌日に50万円用意したやり方



ライフネット生命の、
3年未満に出産を経験した25歳~39歳の先輩ママ1,000人、
同じく25歳~39歳の第1子を妊娠中のプレママ240人に実施した、

「妊娠出産時のお金に関する調査」

を発見しました!





調査によると、
プレママたちが予想している出産時にかかる自己負担額は、
「41万円以上」という回答がもっとも多くなっていました。

一方、先輩ママたちが実際に支払った出産時の自己負担額は、
「1万円~20万円」の間に半数以上(55.0%)の答えが集中。

集計した出産費用の平均額は27.3万円とのこと。
予想と現実には12万円近くも差があるんですね!


先輩ママたちは「妊娠健診費の助成」や、
健康保険加入者の出産1人につき42万円支給される「出産育児一時金」など、
公的に補助金が支給される制度を活用して、
27万円前後での出産を実現したようです。


そのほか、医療機関や薬局の窓口での支払いが、
一定額を超えた分を支給してくれる「高額医療費制度」や、
年間の医療費が10万円を超えた場合に受けられる「医療費控除」など、
妊娠・出産以外の部分で支援を受けられる場合もありますね。


予想より実際の方が安く済むんですね!
それは周辺知識がしっかりあるからだなと感じました。


やはり何事の現場のプロか経験者に聞くのが一番ですね♪