アコム
24時間最短1分振込(楽天銀行口座がある方)(公式)アコム

アフィリエイト 稼ぐ コツ

みなさんおはようございます!

私はプロフィールにも書かせて頂いているように、
サラリーマンをしながら個人でインターネット広告のお仕事をして、
個人の仕事は先月94万円でした。


なぜ「アフィリエイト 稼ぐ コツ」について書こうと思ったかと言いますと、
先日J-Castニュースで、
「起業した自営業者」の悩みは深刻 自殺に至るまでの期間が短く、危ない
というショッキングな記事を見つけたからなんです!





NPO法人「自殺対策支援センターライフリンク」が、
精神科医ら専門家とともにまとめた「自殺実態白書」(2013年2月28日発表)
のデータを元にしたお話です。


簡単にまとめますと・・・

2007年から5年間かけて、自殺者の遺族523人に聞き取り調査をおこなった結果を分析。

それによると、職業により、自殺にいたるまでの期間に大きな差があることがわかった。

自殺の要因が発生してから自殺に至るまでの期間について、
職業別にグループの真ん中の値、中央値で比較すると、

・「みずから起業した自営業者」は2年
・正規の雇用者は4年
・親などから「事業を継いだ自営業者」は4年7か月
・非正規の雇用者は6年11か月
・主婦は8年3か月

などとなり、
特にみずから起業した自営業者の期間が短いことがわかった。
白書ではこの理由について「保証人問題が大きく効いている」と分析する。


自営業者の自殺のそもそもの要因は、
事業不振や負債、連帯保証を伴う負債であることが多い。

と中央大学総合政策学部の崎坂香屋子特任准教授が白書の中で指摘する。

そして、それらが起きてから自殺までの期間の短さを見ると、
「(自殺防止のために)介入できる時間はきわめて限られているといわざるを得ない」。

ところが「みずから起業した自営業者」の場合、
亡くなる前に専門機関に相談していた人の割合も、
63.4%と学生の57.8%についで低い。

「負債を抱えながら、追い詰められた気配を周囲に悟らせないようにしていた」
かのような特徴が見出されるという。

さらに「自殺のサインがあったと思うか」との問いに、
遺族全体の58%は「あったと思う」と回答しているが、
このうちの83%は、
当時はそれが自殺の兆候だとは気付いていなかったという結果もある。


という感じです。


シンプルに感じたことは、

起業(リアルビジネス) = リスクを伴うことが多い

ことです。


かたや私が実践しているインターネットビジネスはこんな感じです。


・初期投資0円スタートも可能 = 無料ブログがあるので。
・維持費は、ドメイン・サーバー代のみ = 年間数千円~数万円です。
・利益率95%以上

・事業転換 = 広告の貼り替えと記事の修正のみ
・事業廃止 = サイトの更新をやめるだけ
・クレームがない = 広告主(起業)が対応してくれます。


私がスタートした時に素直に感じたことは、

「やらない理由がない」

ことでした。


ここまで踏まえた上で題名の「アフィリエイト 稼ぐ コツ」は、

「継続」だと思います。


①いつまでにいくら欲しいのか決める

②事業計画を立てる

③事業計画を、結果(自分の目標設定額と期間)を出している方に修正してもらう

④実行

⑤修正

⑥実行


の繰り返しだと思います。


これだけ参入壁が低いので、

「いつでもやめられる」んです。


だから、「継続」した者勝ちだと思います。

大切なことは「結果が出るような行動を継続」すること
だと思います。


だからこそ学ぶ人や環境はものすごく大切だと思います。


私は借金返済生活ですが、
追い込まれていた状況だからこそやって来れたという部分も正直あります。

初めはとにかく、即金が欲しかったのでこんなこともやっていました。

(体験談) すぐにお金を作った方法体験


私と同じ借金返済生活の方々で、あまり時間を取れない方は、
まずは上記のようなやり方で即金を作るのは有効だと思います。


長くなりましたが、また個人の仕事のことも日記に書かせて頂きます。
ブログ村で書かせて頂いておりますので、
良かったら是非見に来てくださいね!

にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ
にほんブログ村


他の方の素敵な日記も無料で見れますので、
非常に参考になるかと思います。


長文最後までお読み頂き、ありがとうございました。